バイクの出張査定を依頼する前にしておくべき事

バイクの査定前に最低限エンジンがかかる状態にしてから見てもらうべきです。故障してしまい修理をする予算もなく手放す、というようなら話は別ですが、乗らなくなってしまったので売りたいというような場合、故障はないのに長期にわたって放置してしまった結果、エンジンがかからないというようなケースもありますよね。

バッテリーの充電や、給油、キャブの掃除など、ちょっとした整備だけでエンジンがかかるようになるかもしれません。エンジンがかからないバイクと、普通に始動するバイクとは査定額に雲泥の差が出ます。ご自分で整備する自身がない場合は、近所のバイク屋さんなどでちょっと見てもらうだけで、直る場合も多いかと思います。

その際バイク屋さんに修理代を払ったとしても、きっと査定額でそれ以上に差が出てくるものです。とにかくバイクは動いてなんぼのものですから、エンジンがかかるのとかからないのとは大違いです。

そして、今までいろいろな思い出をともにしてきた愛車ですから、最後に一度きれいに洗車してあげましょう。細かいほこりを洗い流し、タンクなど面積の大きいところにはワックスを掛けてあげてはどうでしょう。査定士の方はプロですから、そういうあなたの愛車への想いをきっとくみ取って査定額を出してくれるはずです。